福利厚生

健康管理

 

 従業員および家族の健康保持増進と疾病予防をはかるため、本社診療所をはじめ、分院2か所(杉戸・川越)で一般診療、各種健康診断のほか、産業医が中心となり健康相談、生活指導を行っています。また、精神科医による月3回のメンタルヘルスケア(カウンセリング)を行っています。

各種施設

 

 住宅施設として、沿線各地区に単身者共同住宅、従業員住宅を設けています。また、食堂施設は全線に10か所、体育施設として春日部運動場にソフトボール場、多目的グランド、総合教育訓練センター内に競技館を設け、従業員の福利厚生の充実をはかっています。

健康保険組合

 

 被保険者やその被扶養者のみなさんの医療給付を中心とした保険給付のほか、事業主との共催による生活習慣病予防検診等各種検診の実施、人間ドック、脳ドック、健康電話相談、保養施設等、健康の保持増進をはかる各種保険事業を行っています。

共済会

 従業員の福利と相互扶助をはかることを目的として設立された機関で、出産見舞、看護休職見舞、休業・傷病見舞のほか育児復職支援、旅行・グループ利用補助、検診補助などを行っています。

学業貸付

 従業員の子が大学(短期大学を含む)に入学または在学にあたり、会社が従業員の経済的負担の軽減をはかることを目的とし、学業資金の貸し付けを行っています。

財産形成制度

 従業員の財産形成と老後の生活安定・向上をはかることを目的に、会社が従業員の給与から一定額を控除して、金融機関に積み立てる制度を行っています。

各種保険関係

 従業員の福利の一環として会社が団体契約を行い、給与から控除ができ、低額な保険料で大きな保障が可能となる保険制度です。東武希望グループ(団体定期保険)、医療保険、団体傷害保険、がん保険等があります。