住宅産業

 住宅産業部門は、東武建設、東武ビルマネジメント、東武谷内田建設等で構成され、建設、建物・施設管理、不動産仲介、建材供給、熱供給事業等を営んでいます。
 建設業では、東武建設と東武谷内田建設は、マンション、オフィス等大規模施設の建築から各種土木工事に至るまで、総合建設業として幅広い実績のもとに地域に根差した事業展開を図っております。また、ISO9001(品質マネジメントシステム)の認証を全社・全本部で取得した東武電設工業や公園、ゴルフ場等の植栽・造園・緑化事業を営む東武緑地等ではそれぞれ専門スキルを生かした事業に取り組んでいます。
 熱供給業では、東京スカイツリー®地区で地域エネルギーを供給する東武エネルギーマネジメントが、佐野線生駅南側土地をはじめとして8か所で太陽光発電事業を開始しており、西池袋地区および錦糸町北口地区においても西池袋熱供給・錦糸町熱供給がそれぞれ熱エネルギーの安定供給を担っています。
 この他、大型ビル、マンション等の設備管理、清掃、防犯・防災警備の運営・管理をトータルに担う東武ビルマネジメント、不動産仲介や駐車場・駐輪場の運営管理を行う東武プロパティーズ、砂利・砕石等良質の骨材・生コンクリートを安定供給する東武開発等、グループ各社は連携して安心して住み続けられる街づくりに貢献しています。

葛生太陽光発電所
(東武エネルギーマネジメント)

東京スカイツリータウン®駐車場管理業務(東武プロパティーズ)

東京スカイツリータウンを一元管理する防災センター
(東武ビルマネジメント)

日本庭園(東武緑地)