交通産業

 交通産業部門は、東武鉄道のほか東武バス、朝日自動車、東武運輸、東武デリバリー等で構成され、鉄道、バス、タクシー、貨物運送、トランクルーム(セーフティールーム)事業等を営んでいます。
 バス事業については、輸送の安全を第一に東武バスおよび朝日自動車の2社による統括のもと、事業の効率化を図るとともに地域コミュニティバスの代行や深夜運行、高速バス部門の拡充等サービスの向上に努めるほか、貸切バスについては、観光輸送のみならず、企業・学校等と運行契約を結ぶなど安定的な需要確保に努めています。タクシーはきめ細やかな行き届いたサービスの提供に努めています。
 貨物自動車運送事業は、在庫管理など東武運輸グループによる一体化運営で、貨物の輸送・配送はもとより、保管・物流加工・工場内請負をトータルに手がけ、荷主様のあらゆる要望にお応え提案できるワンランク上の物流サービスを展開しています。事業所は、関東を中心に東京、静岡、名古屋、大阪をカバーして、荷主様の信頼の上に成り立つ物流集団を形成しています。
 また、東武デリバリーは一般貨物運送事業のほか、集配金輸送サービス事業、各企業や自治体等の磁気媒体および書類、テレビ局等のVTRテープを保管するトランクルーム(セーフティールーム)事業等を行っています。

スカイツリーシャトル®上野・浅草線(東武バスセントラル)

埼玉県宮代町の東武埼玉東物流センター(東武運輸)

アザレア号(関越交通)

クラウンハイブリッドタクシー(日光交通)