GROWTH

成長への考え

キャリアデザインを語る

TALK ABOUT CAREER DESIGN

CROSS TALK 01

若手社員座談会

無限の可能性に向かって、
現在、全力で成長中。

入社2年。日常業務にも慣れ、より広い視野でものごとと向き合えるようになったからこそ、彼らが今直面していることとは。
多彩なフィールドに身を置き、それぞれに奮闘する同期たちの本音トークに潜入しました。

MEMBER

  • 星 亮

    2016年入社
    法経学部経済学科 卒業
    生活サービス創造本部 住環境開発部

    不動産業界の仕事に関心持っていたが、不動産に加えて、さらに多彩な事業展開をしている鉄道会社に惹かれるように。現在は住環境開発部で、賃貸物件を中心に、所有物件の収支管理、予算作成を担当。また、新規賃貸マンションの企画や投資物件の取得、コミュニティサイト「ソライエナビ」の運営にも携わっている。

  • 寺﨑 亜衣

    2016年入社
    教育学部総合教育科学科 卒業
    鉄道事業本部 営業部 営業推進課

    公共施設である学校ではなく、地域の資源を使った教育について注目していたところ、街の拠点でもある「駅」に興味を持った。就活時には「まちづくり」への意欲を燃やしていたが、鉄道事業での仕事を通じ、さらにこの領域について深く関わりたいと考えるように。今は、鉄道利用を促進するための誘客施策に携わっている。

  • 谷 玲香

    2016年入社
    理工学部建築学科 卒業
    生活サービス創造本部 SC事業部

    都市計画研究室に所属しており、卒業設計では「東京・立石」における駅・飲食施設の一体開発設計をした。会社選びで最重要視したのは「やりたいことができるか」。東武鉄道は開発する余地のあるエリアを多く持っているため、大きな可能性を感じた。現在は駅ビル・駅ナカなどの新規開発、リニューアルプロジェクトの推進役を担う。

  • 丸茂 和幸

    2016年入社
    デザイン工学研究科
    都市環境デザイン工学専攻 修了
    鉄道事業本部 施設部 杉戸工務施設管理所

    大学院では土木関係の研究をしていたが、その他の領域の仕事にも携わりたいという想いがあり、鉄道会社を中心に就職活動。東武鉄道は、技術系・事務系の垣根がなく、さまざまな仕事に就けるのが魅力だった。今は線路設備の管理をしているが、グループ会社も含めた幅広いフィールドに関心を持っている。

TALK.1

入社以降の2年を振り返って──。

いきなりなんだけど、そう言えば皆が東武に入社した理由って、私知らないかも。

同期の前でマジメに話すの、ちょっと照れくさくない(笑)?

しょうがないな、じゃあ僕から。僕は「自分が生きた証を残す仕事がしたい」ということで、不動産業界を中心に就職活動をしていて、その中で東武鉄道にたどり着いたんだよね。だから、賃貸物件の管理や、新規開発に携わっている今は、とても充実しています。

何か「生きた証」って壮大なスケールだね。私は「まちづくり」志望だったんだけど、最初に配属されたのが鉄道事業部門の営業部でした。今やっている鉄道誘客施策の立案実施という仕事をしていく中で、現在は鉄道事業をもっと知りたいと考えているところです。

建築学科卒の私としては、今の仕事である商業施設の開発は希望通り。ひとつひとつ物件が形としてできあがって、それが街に残るというのは大きなやりがいになってますね。

僕は大学院で都市計画を専攻していたので、「まちづくり」も志望動機になっているけど、今やっている仕事は線路の維持管理。鉄道輸送の根幹を支える仕事で、とても良い経験をしていると思ってます。

私は今の部署に異動したばかりだから、また新人の気持ちで改めて勉強をしているところ。皆は私より長く今の部署にいるから、それなりにできることも増えてるんじゃない?

2年目で、事業の根幹に関わる予算作成に携わっているので、それは自分でも驚いてる。でも、部の中で誰よりも賃貸物件の収支を把握していなければならないので、責任も感じるよね。できるようになったこと、まだできていないことも見えてきたところ。

寺崎は異動したからこそ見えるものもあるんじゃない?

実はそれぞれ異なるフィールドの仕事が、結構裏側でつながり合っているんだって感じる。前に所属した営業支社では、駅を運営していく立場から駅の設備修繕を考えていく担当をしていて、修繕のことを丸茂くんに相談したこともあったね。

星から電話が来たこともあったよね。

そうそう、線路のそばで工事をするので施設管理所と打合せをしなきゃならなくて。

そう言えば私から星くんに相談したこともあったね。商業施設の開発をするために、住環境開発部が管理している駐輪場を動かす必要があって。

谷が同期に連絡するのって、飲み会の連絡だけじゃなかったんだ(笑)。

まあ、それがいちばん多いけどね(笑)。

話を戻すと、それぞれの事業で、他の部門の知恵を求めていて、鉄道ですべてがつながっているということですよね。言い換えれば、今の仕事が次の部署で活かせるということ。だから、どこに配属されても、すべてにプラスの意味があるんだろうと思います。

対談風景

TALK.2

今、自分に足りないもの。これから目指すもの。

僕の場合は、自分の意見をもっとしっかりと言えるようになること。会議には協力会社の管理職など、年上の方も大勢出席していますが、上司からはどんどん発言するように求められます。

それはどの部門にいても同じなんだね。まだまだ誘客施策についての知識や経験が浅いので、一瞬発言を躊躇することもあるけど、もっと積極的になっていいんだって自分でもよく思う。

ポテンシャル採用(総合職)である私たちの役割って、周りを巻き込まなければ仕事が前に進まない。だから、リーダーシップがとても必要。知識やコミュニケーションのスキルだけじゃなく、人と人をつなぐための視野の広さ。全体を見られるようになりたいですね。

僕は線路の維持管理が主業務なので、線路の状態を正確に把握する力はもっとつけなければと思っています。自分の管理の仕方によって安定輸送を維持できる。重圧はあるけど、輸送の安全はグループの信頼の核でもあるから、やりがいがあるね。

線路は、列車の振動や風雨によって常にダメージを受け続けているもんね。だから常に、お客様の安全だったり、快適性を追求していくことは重要なことだと思う。

私は広告ってお客様だけでなく、社員にも影響力があると思ってるから、お客様にも社員にも良いと思ってもらえるものをつくっていきたい。

対談風景

今は現場で学ぶことが楽しいと思っているけど、ポテンシャル採用(総合職)である以上、土木以外のフィールドでいろいろな経験もしてみたい。それが東武で働く良いところだからね。

運営中の物件、新規開発の物件など横断的に経験が積めるのが今の仕事の良いところ。ひとつひとつ吸収しながら、いずれは沿線全体に影響を与えるような、駅を中心とした再開発に携わりたいです。

私は人々が集まる商業施設をつくることで、東武沿線の街をどんどん魅力的に変えていきたいと思います。

ひとつの街を豊かにすることで、隣の街、さらに隣の街へと波及させられるのは、鉄道会社ならではの魅力だよね。

今日皆と話をして、沿線の街もしかり、事業や人もしかり、グループに眠っている魅力を掘り起こすこともしなきゃなあって思いました。そして、それをどんどん発信していきたい。

当面は開発の仕事で経験を積みたいけど、どんな仕事を任されることになっても、人と関わることが好きな自分でありたいです。そこから、何か新しいやりたいことが生まれると思うから。

それぞれ、プレッシャーもあるけど、東武グループに欠かせない存在になれるように努力しているわけですね。

何かまとめに入ってるでしょ(笑)。こうして、同期で話す機会はいいよね。

もしかしてそれは、また飲み会のお誘いでは。

(笑)

対談風景

CORSS TALK 02 理系社員座談会