OUTLINE

多彩な事業フィールド

鉄道輸送サービス

TRANSPORTATION

関東の私鉄では最大の規模を誇る
東武鉄道の基幹事業

東武鉄道の基幹事業である鉄道事業。鉄道路線網は、東京、千葉、埼玉、栃木、群馬の1都 4県にわたり、営業キロは 463.3km と関東の私鉄では最大の規模を誇っています。日々の通勤や通学、あるいは観光の足としての使命を全うすべく、輸送サービスを絶えず追求しています。

輸送計画

“TJライナー”など、
お客さまのニーズをいち早くつかみ、新たな価値を提供する。

人々の暮らしに欠かせない鉄道をさらに高度に発展させていくために、東武鉄道はさまざまな輸送改善計画を推進しています。関東でいち早く対応した複々線化や相互直通運転はその一例。また、お客さまに快適にご利用いただくために、列車の種別に応じ座席を転換できる車両を他社に先駆けて導入し、中長距離通勤のお客さまのニーズに応え、スピーディーで快適な座席定員制列車“TJ ライナー”を運行するなど、新しい輸送サービスの提供にも果敢に取り組んでいます。さらに、優等列車による観光やビジネスの旅客輸送を充実させていることも東武鉄道の大きな特徴のひとつ。2017年度には、新型特急リバティを導入し、列車を途中駅において併分割することにより、お客さまのニーズに合わせて、目的地までシームレスにご移動いただくことが可能となり、お客さまの利便性、快適性を向上させています。

輸送計画
輸送計画
輸送計画
車両

より快適で、便利な鉄道へ進化。
私鉄No.1の通勤環境、観光輸送を目指す。

お客さまを輸送する車両は、私たちが鉄道事業を営む上で不可欠なもの。常に最高の状態に維持し、利便性と快適性を向上することが求められます。また総営業距離同様、保有する車両の両数と種類も関東私鉄では最多。 最近では、シームレスな輸送を実現するために、併分割可能な特急車両リバティやグッドデザイン賞を受賞した70000系新型車両を導入しています。その他、“スペーシア” や “りょうもう”などの特急車両や多種多様な車両の開発を通じて、⻑い歴史の中で車両に関するノウハウを豊富に蓄積しています。新しい車両技術を導入し、高い安全性と快適性だけでなく環境への配慮から省エネルギー化・省メンテナンス化の実現にも取り組んでいます。

車両
車両
電気

鉄道事業の生命線を握り、
お客さまに安全で安心できる環境を守り続ける。

東武鉄道では、お客さまに安全で安心できる環境を提供し続けるため、信号設備の改良(ATCの導入)、信号や列車の進路を遠隔集中制御する運行管理システムの導入、踏切設備の安全性向上(レーダー式踏切支障報知装置の更新)など、最新の技術を積極的に導入し、安全対策を講じ続けています。特に最近では、電力を有効活用し、省エネルギー化を図るため回生電力貯蔵装置を導入したり、すべてのお客さまが安心して利用できる環境づくりを目指して、ホームドア設置を進めています。現在は船橋・柏・和光市駅で使用しており、今後は池袋をはじめとして1日のご利用者数10万人以上の駅と東京オリンピック・パラリンピック競技予定会場最寄駅計8駅から順次整備し、導入エリアを拡大していきます。 これからも、お客さまのことを第一に考え、社会環境の変化を常に捉えて、新たな設備投資を続けていきます。

電気
電気
土木・建築

誰もが快適に過ごせる駅づくりから、
総合的なまちづくりへ地域を変えていく。

誰もが快適に過ごせる駅づくりを目指して、駅舎やトイレのリニューアル工事を推進していくとともに、駅舎の橋上化を行うことでバリアフリーを実現し、駅アクセスの向上を図っていきます。また、分断された市街地を一体化し、都市の再生・活性化に寄与することから、連続立体交差化事業も積極的に推進しています。例えば、東武スカイツリーラインのとうきょうスカイツリー駅付近では、踏切の廃止とともに、エリア全体を高架化する予定です。さらに、東武アーバンパークラインの六実〜逆井間では複線化工事を進めています。完成後は船橋〜柏間が全線複線となり、列車交換のための待ち合わせ時間解消などによる所要時間の短縮や、急行運転の開始などを見込んでいます。これらさまざまな取り組みを通じて、輸送サービスの向上を目指しています。

土木・建築
土木・建築