車両

当たり前である社会への貢献が、  自分のモチベーションです。

2011年入社 黑崎 祐人

私がこの会社を選んだ理由は、日常生活の中で必ずと言って良いほど東武グループが深く関わってきたことです。特に、通学などで東武鉄道を利用し、車窓からの四季折々の沿線風景がとても好きだったことや、学校で学んだ機械系の専攻がこの仕事に活かしていけるという思いがあったからです。お客様の生活の支えである電車が、当たり前のように毎日正常に運行されることは社会への貢献度がとても高く、自分の検査した電車が駅のホームに到着し、乗り心地も良くスムーズに走っている時はとてもやりがいを感じています。
電車は自動車と同様に定められた期間、または走行距離に応じてさまざまな検査を行います。いわば電車の『車検』です。工場に配属され、最初に携わった仕事は「主制御器」と言われる、電車の速度を制御する装置の担当です。その後は技術を継承していくための手順書の作成や、総合検査と言われる電車の最終検査において、各職場で整備・点検された機器類をチェックし、その電車が安全で快適に走行できるかを見極める職場も担当するなど、入社数年でも技術を管理する仕事を任されました。また、今現在は、営業線の電車を検査する南栗橋車両管区の検修部門での業務を担当しています。私たちの仕事の使命は「お客様を安全・安心・快適に目的地まで送り届ける!」ことです。責任のある仕事で大変ではありますが、電車を検査する中で、日々いろいろな体験ができるとてもやりがいを感じる仕事です。

電車の検査は、工場や検修区でも一人で行う単独の作業は少ないため、安全に作業するための基本動作として、声掛けと確認は励行するよう気を付けています。職場の雰囲気はとても明るく、気さくな先輩も多く、プライベートではスポーツや趣味などでもコミュニケーションが図れる職場です。
就職活動において最も重要なことは実際に足を運び、企業の方や周囲の就活生と意見を交わすことだと思います。また自分が入社した数年後のビジョンが想像できるというようなことも大切です。就職活動は大変ですが、自分自身を等身大で見つめ直すことのできるチャンスだと思いますので、皆さん頑張ってください。

キャリアステップ

暖かい絆の中で身につける技術、車両メンテナンスのスペシャリストへ!

通勤・通学・レジャーなどさまざまな生活シーンの中でご利用いただく鉄道車両。「安全」「快適」を作り出す私たちのフィールドは、常に車両技術の継承と向上を見据えています。
皆さんの活躍の場は、最新の機器と清潔な環境で仕事のできる南栗橋工場を中心とした職場です。スペーシアなど私鉄では数少ない特急車両を中心とした多彩な車両に触れながら技術を習得することができます。また、細部にわたる検査を担当する東武インターテック(株)の「工場部門」と、日夜運行する車両を見守りながら日々の検査・修繕を担当する東武鉄道(株)の「検修部門」での経験を積み重ねることにより、鉄道車両技術をさまざまな切り口から自分のものにすることができます。
長年鉄道車両に携わってきた先輩たちは、鉄道車両技術にプライドを持っています。時には厳しく、しかし厳しさの中にも温かく皆さんに技術を伝えていきます。さらには、工場・検修部門での経験を積み重ねることにより、東武鉄道(株)への入社を含め、より幅広く活躍できる舞台も用意されています。

TOP