沿線地域との取り組み

沿線地域との取り組み
SL復活運転プロジェクトの目的である「日光・鬼怒川エリアの活性化」や
「東北復興支援の一助」の実現にむけた沿線地域との取り組みについてご紹介します。

東武鉄道では、SL大樹の運転にあわせて鬼怒川線を「観光路線」と位置付け、SL復活運転をきっかけとして地域と一体となった「SLの走るまちづくり」の実現にむけた様々な取り組みを進めております。

「いっしょにロコモーション協議会」の設立

いっしょにロコモーションの取り組みとは、SL「大樹」を活用した日光市の観光振興につながるすべての「取り組み」(東武鉄道単独をのぞく)と位置付けております。

そのため、日光市に住む方々、働く方々すべてがその趣旨を理解のうえ、主体的となって「取り組み」を実施し、相互に理解・協力・啓蒙しあう環境を広げ、「いっしょに、ロコモーション」の輪を広げていくことにより、日光市の観光振興につなげてまいりたいと考えております。

その中で日光市内の観光協会、商工団体、旅館組合、各地区自治会等が一体となって沿線地域の魅力をPRし、地域の誘客による地域経済の活性化および地域ファンづくりやリピーターにつなげていく取り組みをより活発に拡大させていくために、実施した活動の結果や次回への課題の共有、今後の取り組み協力のお願い、働きかけ等に効果的な広報PR発信の協力や依頼の場として活用し、各取り組みをフォローしていくことを目的として、地元地域が主体となった「いっしょにロコモーション協議会」を設立し、取り組みを進めております。

ロコモーションとは、蒸気機関車が走り出すときのようにだんだんと勢いを増していく「力強い運動」を指します。

東武鉄道とともに「SL復活運転プロジェクト」に参加しませんか。

主役は、この地域を愛する一人ひとりの「あなた」です。

SL大樹と地域の公式イメージソングの制作について

SL大樹を活用した地域観光の活性化に向けて、SL大樹と地域の公式イメージソングを制作しました。
SL大樹の運転をきっかけとした地域観光の活性化については、SL大樹を活用した日光市の観光振興につながるすべての取り組みを「いっしょにロコモーションの取り組み」として位置づけており、SL大樹の運行開始以降は「SL大樹にみんなで手を振ろう」プロジェクトをはじめとした様々な「いっしょにロコモーションの取り組み」が行われ、沿線にお住まいの皆さまのご賛同のもと、その輪が広がっています。
今後も将来にわたって「いっしょにロコモーション」を合言葉にした取り組みを、日光市に訪れるお客さま・地域の皆さまに伝えるため、皆さまに愛着をもって親しんでいただけるような「一体感」をイメージソングに表現し、その輪を広げていくことにより日光市の観光振興につなげ「SLの走るまち 日光」を日光市内外に向け幅広く発信していきます。
このイメージソングは「いっしょにロコモーション協議会」を通じて会員の皆さまから寄せられたキーワードをもとに、地元日光市で活躍するオリジナルご当地PRソングの創作ユニット「モアモカ」に3曲を制作していただきました。

イメージソング制作アーティスト「モアモカ」について
  • 地元日光市出身の石川桃子と篠原あかりのユニットで、地元の隠れた魅力をオリジナルソングに乗せて全国に向け発信する活動を趣味で行っています。隠れた魅力を秘めた市内の飲食店や店舗を中心にPRソングを作成し、実際に自らお店に歌いに行くという活動を行っています。
    二人で楽曲を制作してスマートフォンで撮影し、自作のPRソング等をインターネットで配信しており、現在約200本の動画をSNS上にアップしている中で、26曲がご当地PRソングとなっています。

    「モアモカ」Facebook

制作楽曲について

「お客様とまちをつなぐ」「地域のあたたかいおもてなし」「笑顔あふれる沿線」をテーマに、ジャンルを問わず幅広い層に受け入れていただける楽曲を3曲制作しました。

  • 想いよつながれSL大樹(詞・曲/篠原あかり)
  • いっしょにロコモーション(詞・曲/篠原あかり)
  • まちへひろがれロコモーション(詞・曲/石川桃子)

推奨環境:InternetExplorer9~11/Firefox 最新版/Google Chrome 最新版
※音声再生機器をお確かめの上、再生してください。
※スピーカー等、音声再生機器がないと再生できない場合がございます。

各曲の歌詞はこちらからダウンロードください。

現在行っている主な取り組み

当社では、SL運転をきっかけとして地域を愛する一人ひとりが主役となって魅力ある地域を創造していくという「いっしょにロコモーション」の主旨の下、地域と一体となりプロジェクトを沿線全域に拡大させていき、日光・鬼怒川地区を盛り上げてまいります。

1.SL大樹にみんなで手を振ろうプロジェクト

東武鬼怒川線沿線のみなさまが、SL大樹・SLにご乗車のみなさまに手を振ってくださり、現在ではSL大樹の名物ともなりました。ご乗車いただいたお客さまには地元のみなさまからの歓迎に大変喜んでいただいております。
冬にはペンライトイベントを実施していただきました。沿線にお住まいでない方も、SL大樹にみんなで手を振りませんか?

2.SL大樹にみんなで手を振ろう絵画コンテンスト
  • SL大樹の運転区間近郊の小学校を対象に『わたしたちのおもてなしーSL「大樹」に手をふろう』をテーマとした絵画コンテストが開催されました。数多くの素敵な作品のご応募を頂きました。

    応募作品はこちら

3.鬼怒川線に季節ごとの花を咲かせようプロジェクト

倉ケ崎エリアの地域住民で組織された「倉ケ崎明日を考える会」がこのプロジェクトに賛同し、大谷向~大桑間の沿線景観整備として約4,000㎡の花畑整備を実施します。
このプロジェクトでは、耕作放棄地となっている農地を、日光・鬼怒川にお越しいただいたお客様に車窓からの良き思い出として季節の花々を楽しんでいただくとともに地域ならではの美しさを残していきたいとの想いから、地元住民の手によって対象地の整地、植栽および管理運営までを実施しています。また、日光市による後援事業に認定いただいております。

4.沿線地域行事との連携

SL大樹が走り始まる前から日光・鬼怒川地域で開催されていたお祭りなどの行事とSL大樹をからめた様々な企画に取り組んでおります。
当社では、SL運転をきっかけとして地域を愛する一人ひとりが主役となって魅力ある地域を創造していくという「いっしょにロコモーション」の主旨の下、地域と一体となりプロジェクトを沿線全域に拡大させていき、日光・鬼怒川地区を盛り上げてまいります。