SL復活への軌跡

検修員および乗務員養成
SL復活運転に向けて取り組んでいる
検修員および乗務員養成についてご紹介します。

鉄道各社協力のもと、SL検修員および乗務員を養成

SLの復活運転にあたっては、SLの知識に長けた検修員および乗務員(機関士・機関助士)が不可欠であり、当社にはその技術・技能・免許を保有した社員がおりませんでした。このため、当社のSL復活運転の主旨にご賛同いただき、SLを従来から運行し、知識・経験ともに豊富なJR北海道、秩父鉄道、大井川鐵道、真岡鐵道にSL検修員および乗務員養成のご協力をいただきました。

上記4社に当社社員を受け入れていただき、復活運転実施時には当社社員による保守・運転を行えるよう、必要な知識や技術・技能の習得を進めると共に、鉄道技術の伝承に努めてまいります。

  • sample北海道にてSL検修作業中の風景
  • sample北海道にてSL検修作業中の風景
  • sample机上教育を受ける機関士
  • sample投炭訓練を行う機関助士