SL大樹を愉しむ

SL大樹 編成・車両
鬼怒川線を走るSL「C11形207号機」と車両についてご紹介します。

編成は、前からSL・車掌車・客車3両・DL(ディーゼル機関車)の全6両編成で運転されます。SL大樹が、車掌車と客車3両を引っ張り、DL機関車が後押し勾配の強い鬼怒川方面へと進みます。
いずれもSLが人々の生活手段として走っていた時代の車両を整備・復元した、昭和を感じさせる懐かしい車両たちです。

SL大樹

SL大樹

  • ※SL・車掌車は、鬼怒川温泉行では1号車に、下今市行では3号車に連結します。
  • ※ディーゼル機関車は、鬼怒川温泉行では3号車に、下今市行では1号車に連結します。

DL大樹

DL大樹

  • ※ディーゼル機関車は、鬼怒川温泉行では1号車に、下今市行では3号車に連結します。

蒸気機関車 C11-207

  • SL大樹
  • SL大樹

1941(昭和16)年で、日立製作所笠戸工場で製造され、1974(昭和49)年にいったん廃車となるも2000(平成12)年からJR北海道で活躍してきました。霧が多い北海道で使われていた車両で、通常1つの前照灯が2つついているのが特徴。カニの目のように見えることから「カニ目」とよばれています。

車掌車(ヨ8000形)

  • SL大樹
  • SL大樹

一般的に車掌車は貨物列車の末尾などに連結され車掌が乗り込むための車両です。
SL大樹では、現代の鉄道システムに欠かせない自動列車停止装置(ATS)を車掌車に搭載し、蒸気機関車の運転室にその警報情報を表示させることで、より安全な運行を図っています。

客車(国鉄14系)

  • SL大樹
  • SL大樹

客車は、旧国鉄時代に製作された14系という車両で3両で合計約200名がご乗車いただけます。
座席シートやカーテンなどは、できるだけ新製当時に近づけたリニューアルを行い、昭和の雰囲気がたっぷりで、当時を知る人には懐かしく、若い人には珍しいレトロなテイストです。

設備のご紹介

「大樹」(たいじゅ)

  • シート・カーテン

    SL大樹
  • SL大樹

製造当時のデザインを復元。座席は背もたれに体重をかけるとシートが倒れ、背もたれから体を話すと戻る簡易リクライニングシートで「バッタンシート」とも呼ばれます。
シート、椅子を前に傾けて押すと窓側に向けて回転し向かい合わせに座ることができます。

  • トイレ

    SL大樹製造当時は和式でしたが、現在施設設置率を考慮し、洋式に改修しています。
    編成により無い場合があります。
  • 荷物スペース

    SL大樹現代ではあまり見られない荷物置き場があり、当時はお客さまのお荷物を置いていました。

ディーゼル機関車(DE-10)

  • SL大樹
  • SL大樹

軽油・重油を燃料とするディーゼル機関車は、SL大樹編成の末尾に連結され、主に終着駅での客車の入替などで活躍します。
このDE10型は旧国鉄時代に、電力が使えない地方路線での貨物列車、旅客列車の牽引や、機関庫での入換のために数多く製造されました。