SLを楽しむ SLを楽しむ

駅弁

食べて感じるSLの雰囲気
 駅弁

鉄道の旅の楽しみとして欠かせないのが駅弁。
SL大樹運転開始にあわせて新しく誕生した駅弁をご紹介します。
日光の有名店などが趣向を凝らしたお弁当を楽しみながら、車窓から鬼怒川温泉地域の風景と旅情をご堪能ください。

SL大樹
なつかしの下今市立ち売り弁当

1,000円(税込)

現在は希少な存在となってしまいましたがSL全盛期は立ち売りスタイルの駅弁販売も盛んでした。
下今市駅では2015年まで立ち売りで駅弁が販売されており、その立ち売り駅弁のDNAを引き継ぎ、内容の一部を時代にあわせて変更した幕の内弁当です。

【主な内容】
鶏肉の照り焼き、エビフライ、ゆば煮物、厚焼き卵、鮭の焼き物

【製造元】
アザレア弁当

SL大樹
日光(HIMITSU)豚弁当
950円(税込)

日光の澄んだ空気と水、そして陽光の元で生育された「日光産日光豚《ヒミツ豚》 ロース肉」を秘伝のたれで焼きあげたロース焼肉弁当です。 お米は特Aランクに選ばれている栃木コシヒカリを使用。レンコンは車輪を、玉子はナンバープレートをイメージしています。
※実際の商品では卵焼きのナンバーは焼き印となる予定です。

【主な内容】
日光名物揚巻湯波煮・栃木のたまり漬など。

【製造元】
油源

SL大樹
日光埋蔵金弁当
1,350円(税込)

日本一高額な駅弁として多くのメディアで紹介された「日光埋蔵金弁当」の姉妹商品。 SL大樹の名前の由来でもある将軍の持つ印籠をイメージした器に、SL大樹の石炭シャベルをイメージした先端が四角のオリジナルランチスコップがついてくる。

【主な内容】
特製ちらし寿司、日光高原牛のしぐれ煮、揚巻ゆばと野菜の炊き合わせ、最高級ますの一塩、れんこんのきんぴら、鱒のだんご ほか

【製造元】
日光鱒鮨本舗

ここでしか入手できないランチスコップには
『C11 207 SL大樹』の刻印も。