SLを楽しむ SLを楽しむ

車両と編成

懐かしい車両がいっぱい
 SL大樹の編成

SL大樹は、SLが客車3両を引っ張る定員約200席の列車です。
実際の運転では自動列車停止装置(ATS)を積んだ車掌車、車両の入替や緊急時に備えた
ディーゼル機関車を連結した全6両による編成となります。
鉄道産業文化遺産の保存や栃木・福島エリアの支援活性化という趣旨に賛同いただいた
全国の鉄道会社の協力を得て、かつてSL運転に使われていた時代の車両を貸与・譲渡いただきました。
いずれも昭和を感じさせる懐かしい車両ばかりです。

SL大樹の編成 SL大樹の編成

SL大樹蒸気機関車

C-11 (207号機)
SL大樹の看板である蒸気機関車は、JR北海道から借り受けている「C11形207号機」。生まれはなんと1941(昭和16)年で、日立製作所笠戸工場で製造されて以来、北海道で使用されてきた車両です。
1974(昭和49)年にいったん廃車となった後も、2000(平成12)年から「SLニセコ号」「SL冬の湿原号」などで活躍してきました。

207号機は濃霧対策のため
車両正面左右に前照灯を備えた
「カニ目」が特徴。

運転前にボイラーの様子を
確認する機関士。

北海道で移送中のC11形207号機。

SL大樹車掌車

ヨ8000形 (ヨ8634、ヨ8709)
一般的に車掌車は貨物列車の末尾などに連結され車掌が乗り込むための車両ですが、SL大樹では、現代の鉄道システムに欠かせない自動列車停止装置(ATS)を車掌車に搭載。蒸気機関車の運転室にその警報情報を表示させることで、より安全な運行を図っています。

ヨ8634はJR貨物から、
ヨ8709はJR西日本から
譲渡を受けたもの。

SL大樹客車

14系 (スハフ14-1、スハフ14-5、オハフ15-1、オハ14-1)
客車には、JR四国から譲り受けた昭和40~50年に製造された14系と呼ばれる客車を用い、昭和レトロ・ノスタルジーを感じさせる外観、内観はそのままに、SLの旅を快適にご利用いただけるようトイレ・座席シート・カーテン等のリニューアルを施しました。

ブライトブルーと呼ばれる
鮮やかな青い車体に白いラインの
塗装も製造当時を再現。

SL大樹ディーゼル機関車

DE-10 (1099号機)
軽油・重油を燃料とするディーゼル機関車は、SL大樹編成の末尾に連結され、主に終着駅での客車の入替などで活躍します。
このDE10型は旧国鉄時代に、地方路線での貨物列車、旅客列車の牽引や、機関庫での入換のために数多く製造されました。1099号機はJR東日本から譲り受けたものです。

車体の鮮やかな朱色は
国鉄時代のディーゼル
機関車の基本カラー。