東武グループ中期経営計画2017~2020

中期経営計画の位置づけと計画期間

2017年度~ 2020年度の4か年

 東京オリンピック・パラリンピック開催とその後を見据え、次なる成長ステージに向けた成長投資の推進と既存事業のさらなる強化を推進するとともに、急伸するインバウンド需要の取込みと情報発信の強化を図ります。

ページ上部へ

主な取り組み

成長戦略

重点エリアへの集中投資による収益の最大化

  1. 浅草・東京スカイツリーエリア
  2. 日光・鬼怒川エリア
  3. 池袋エリア
  4. 銀座・八重洲・湾岸エリア

沿線における事業の深耕による沿線価値の向上

  1. ホテル事業の展開
  2. 駅を中心とした拠点の開発
  3. 高品位な暮らしの提供
  4. 輸送サービスのレベルアップ

インバウンドへの取り組み

企業価値向上に資する投資の推進

財務健全性の堅持

 今中期経営計画期間中は維持更新・安全対策投資のほか、将来の企業価値向上に資する投資を積極的に推進しつつ、引き続き長期的な資金余力確保のため、財務健全性として有利子負債/EBITDA倍率は6.5倍から7.0倍を目安とします。

株主還元の一層の充実

 利益配分については、中期経営計画期間平均で総還元性向30%を目安として株主還元の充実を図ります。

ページ上部へ

2020年度の連結目標経営指標

  2020年度
営業利益 685億円
親会社株主に帰属する当期純利益 400億円

ページ上部へ

重点エリアへの集中投資による収益の最大化

東京スカイツリータウン®の魅力度向上

 東京スカイツリータウン®では、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた関連イベントへの実施協力やスマートフォン決済手段の拡充など、国内外のお客さまに向けた施策を進め、日本のシンボルとしての地位を確立すべく取り組みを行っています。また、東京スカイツリー®の高さ155m地点の屋外見学ツアー「SKYTREE TERRACE TOURS(スカイスリーテラスツアー)」を開始し、新たな顧客創出を図っています。

SKYTREE TERRACE TOURS
©TOKYO-SKYTREE

浅草~東京スカイツリーを結ぶにぎわいのある水辺整備

 浅草と東京スカイツリータウンの2大観光拠点を結び、隅田川を中心とした水辺整備を行政と連携して推進し、両エリアの回遊性向上に取り組んでいます。
 浅草~とうきょうスカイツリー駅間の鉄道高架下では、商業施設と宿泊施設が一体となった高架下複合施設を2020年春に開業します。旅するように過ごし、暮らすように旅して欲しいという思いを表現した「Live to Trip」をコンセプトとし、新しい下町の魅力を感じられる、食事や買い物、体験ができる店舗を誘致します。
 さらに、この事業にあわせ隅田川橋梁に新たな歩道橋を設置し、浅草寺~北十間川エリア~東京スカイツリータウンを最短で結ぶ新たな東西軸を整備します。

浅草~とうきょうスカイツリー駅間高架下複合施設(イメージ)

隅田川橋梁歩道橋(イメージ)

SL事業

 2017年8月10日に、下今市~鬼怒川温泉駅間において運転開始したSL事業では、ご利用いただきやすいよう、SLダイヤの見直しを行ったほか、SL2機目導入に向けて、大手私鉄初のSL復元に着手しました。

SL大樹

SL復元機

ザ・リッツ・カールトン日光

 2018年2月13日にザ・リッツ・カールトン日光の建設工事に着手しました。2020年1月末竣工予定で、2020年夏の開業に向けて、準備を進めてまいります。

ザ・リッツ・カールトン日光(イメージ)

ページ上部へ

沿線における事業の深耕による沿線価値の向上

ダイヤ改正の実施

 2019年3月16日に東上線でダイヤ改正を実施し、池袋と川越を最速26分で結ぶ「川越特急」を新設するなど、速達性・利便性の向上に努めました。

川越特急(池袋・川越アートトレイン)

東武線、日比谷線直通着席サービスの導入

 2020年度に東武線、日比谷線相互直通列車において、通勤・通学やお出かけ時における快適性・利便性向上を目的に、着席サービスを導入すべく準備を進めています。この導入に際し、「70000系」をベースとした、ロングクロスシート転換車両「70090型」を新造します。

新造車両「70090型」外観(イメージ)

新造車両「70090型」内観(イメージ)

駅商業施設のリニューアル・新設

 沿線の利便性向上のため、2018年10月に草加ヴァリエの北館を「VARIE 2」と名称を変更してリニューアルオープンしたほか、2020年春の開業に向けて、当社初となる商業・ホテル複合駅ビルとして、和光市南口駅ビルの建設工事を進めています。

草加ヴァリエ2

和光市南口駅ビル(イメージ)

子育て世代向け賃貸マンション「Solaie I'll(ソライエアイル)練馬北町」の建設

 2020年竣工予定の賃貸マンション「Solaie I'll練馬北町」では、キッズルームのほかクリニック・調剤薬局の併設やベビーシッターサービスの導入など、居住者が子育てしやすい環境づくりに取り組んでおり、当社として初めて「東京都子育て支援住宅認定制度」の設計認定を取得しました。

キッズルーム(イメージ)

Solaie I'll練馬北町(イメージ)

ページ上部へ

インバウンドへの取り組み

戦略的な情報発信

 東武沿線への更なる訪日外国人観光客獲得のため、鉄道事業者として初めてミシュラン・グリーンガイドと連携し、情報発信したほか、中国及び台湾への効率的な情報発信のため、アジア営業支社を設立しました。

©MICHELIN
ミシュラン・グリーンガイド 日光国立公園

日光・鬼怒川エリアインバウンド向け「ディスカウントパス」リニューアル

 2018年7月に、訪日外国人観光客の利便性向上のためディスカウントパスのリニューアルを行いました。

ディスカウントパス「NIKKO PASS all area」

ページ上部へ