1.私鉄NO.1の通勤環境を目指して

日比谷線直通列車に有料着席サービスを導入

通勤・通学やお出かけ時の快適性・利便性の向上を目的に、2020年度に日比谷線直通列車において、有料着席サービスを新たに導入します。
車両は東武鉄道「70000系」をベースに、ロング・クロスシート転換車両「70090型」を新造します。

2019年度新造編成数
4編成

新造車両「70090型」外観イメージ

新造車両「70090型」内装イメージ(クロスシート時)

六実~逆井間複線化工事による船橋~運河間急行運転

六実~逆井間約3.9㎞の複線化については、今年度の完成を予定しています。
複線化後は、東武アーバンパークラインの速達性の向上を目的に、船橋~運河間の急行運転を行います。これにより、東武アーバンパークラインの急行運転区間が拡大し、より便利な鉄道になります。

車両の新造・改造

より快適な移動環境を提供するために、車両の新造・改造を積極的に推進します。

2019年度 70000系新造編成数
2編成(日比谷線直通車両)
2019年度 20400型改造編成数
5編成(日光線 南栗橋駅以北・宇都宮線運用車両)

駅施設のリニューアル

地域の“顔”であり、まちの“玄関口”である駅を、より便利で快適にご利用いただけるよう、駅施設のリニューアル工事を引き続き推進します。また、駅を単なる通過点にとどめることなく、複合的な機能を持たせ、まちに開かれた駅空間とすることを目指して、商業施設と一体となったリニューアル工事も推進します。

2019年度 駅舎リニューアル
獨協大学前駅・中板橋駅・玉淀駅
2019年度 駅トイレのリニューアル
北越谷駅・花崎駅・南宇都宮駅・新高徳駅・池袋駅南改札・下板橋駅・川越駅・川越市駅・鶴ケ島駅・小川町駅

トイレのリニューアル後(北千住駅南地下)

2019年度 冷暖房付きホーム待合室新設
五反野駅・草加駅の上下ホーム

冷暖房付きホーム待合室新設後(北越谷駅)

2019年度 商業施設と合わせたリニューアル
北千住駅・和光市駅

和光市駅南口駅ビル(イメージ)

駅施設のバリアフリー化

すべてのお客さまに便利で快適にご利用いただけるよう、引き続き、国、関係自治体のご支援のもと、バリアフリー化工事を推進します。 また、エレベーター・エスカレーターのリニューアル工事を推進するとともに、エレベーター内に防犯カメラを設置します。

2019年度エレベーター新設
ときわ台駅・一本松駅

運行情報アプリのアップデート

わかりやすい運行情報を、迅速・詳細に提供するためのスマートフォンアプリ「東武線アプリ」の「列車走行位置」機能に、2019年度は東武アーバンパークラインを追加し、利便性の向上を図ります。

列車走行位置画面