労働安全衛生

労働安全衛生/安全衛生の考え方

 

 労働安全衛生法の目的にもある「職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進する」ために、当社では、従業員の安全衛生管理に必要な事項を定め、もって労働災害の防止および健康の保持増進を図ることを目的に「安全衛生管理規程」を定め、全社をあげて安全衛生管理に取り組んでいます。

労働安全/安全衛生の管理体制

 

「安全衛生管理にあたる者」として、(1)中央安全衛生管理者(2)主任安全衛生管理者(3)安全衛生管理者(4)総括安全衛生管理者(5)安全管理者(6)衛生管理者(7)安全衛生推進者(8)産業医(9)作業主任者の他、「安全衛生業務担当者」を配置し、役割を明確にして、職務を遂行しています。

 また、安全衛生に関する事項を調査審議し、労働災害の防止および健康の保持増進を図ることを目的に「安全衛生委員会」を設置しています。
 同委員会は「本部安全衛生会議」「部門安全衛生委員会」「職場安全委員会」の組織を構成し、安全衛生を推進しています。

労働安全衛生向上の取り組み① -教育・周知-

 

 安全衛生管理業務の年間計画に基づき、次の研修等を開催し、産業医・安全衛生業務担当者・外部講師による教育を行っています。

 

KYT トレーナー養成研修、心理相談員養成研修、衛生管理業務研究会、
安全衛生管理講習会、衛生管理者免許取得支援、職場安全衛生委員講習会


 また、全従業員に向けて、社内報・ポスター等による災害防止、生活習慣病多発疾病の予防、健康づくりに関する周知広報もあわせて推進しています。

労働安全衛生向上の取り組み② -健康診断・環境調査-

 

 年2回の定期健康診断のほか、次の各種「健康診断」等を通して、従業員等の安全衛生面の管理に努めています。

該当者への各種特殊健康診断、身体機能試験、指定年齢および希望者への生活習慣病検診、
希望者への大腸ガン検診、またストレスチェック調査による診断


 また、環境衛生面では、必要職場の環境調査およびその対策も必要の都度、適時適切に対応し、改善を図っています。

健康への取り組み

 

生活習慣病予防への取り組み

 

 生活習慣病予防については、東武鉄道健康保険組合とともに、従業員およびその家族(40歳以上75歳未満対象)に対し特定健診受診を促し、生活習慣病予備軍の対象とされた方には、保健師や管理栄養士が食習慣・運動習慣改善へのサポートを行う特定保健指導を実施するよう努めています。なお、特定保健指導については、2023年度までに実施率が、国が掲げる目標値である55%に達するようさらに体制を整えていく予定です。

健康増進キャンペーン

 

 本社では、2019年に初めての試みとして、健康増進キャンペーンを実施いたしました。この中で、日頃の運動不足の改善を目的として、社屋の2つの階段に消費カロリーを示したラベルシートを貼付し、利用を促す階段利用推進キャンペーンを実施したほか、骨健康度、血管年齢、肺年齢などを計測し、自身の健康により関心を持ってもらうべく、健康イベントを開催いたしました。(健康イベント参加人数288名)

階段利用推進キャンペーン

健康イベント