スペーシア X ×
ろまんちっく村ブルワリー

2024年1月からゲストビールに登場するのは、
道の駅うつのみや ろまんちっく村のクラフトビール工房
「ろまんちっく村ブルワリー」です。
所長を務める山下創さんに、ビールに込めた思いなどを聞きました。
醸造タンクが並ぶブルワリー内での山下さん
ろまんちっく村ブルワリー
所長 山下創さん
ろまんちっく村ブルワリー

46haもの広大な敷地をもつ、滞在型ファームパークとして人気の道の駅が運営するクラフトビール工房。地場の食材を使った併設のレストランのほか、園内の飲食店でも樽生などを飲むことができます。また売店には、お土産にも喜ばれそうな魅力的なボトル(300ml瓶)が豊富に並んでいます。

ビール麦の一大産地にふさわしい
クラフトビール大国となることを
めざして――

醸造タンクが並ぶ工房が見える併設のレストラン店内
栃木県は大正時代から続く、日本有数のビール用大麦の産地であることをご存じでしょうか? 1917年以降、生産量日本一の座をほぼ毎年維持している”麦処とちぎ”なのです。
1996年に開業した私たちのブルワリーでは、県内産麦芽を使ったクラフトビールをとおして、地域の魅力を発信しています。現在でも、使われる麦芽のおよそ半分が県内産。この数字は、おそらく国内屈指の高さだと思います。
ろまんちっく村を訪れたら、ぜひ樽生を味わいましょう
私たちを代表するビールといえば「律之助物語 麦処」。栃木県にビール麦の栽培を広めた立役者である田村律之助氏の名を冠して、氏の母校である栃木市太平地区の小学校の皆さんと育てた麦を使っています。しっかりとした麦の風味を感じながら、ホップのトロピカルなフレーバーが魅力です。
車内で提供されるYUZU SOURや-KIBUNA-SAISON
もう一つの私たちの特徴が、2022年からスタートした新ブランド「エシカルシリーズ」。地域で廃棄されてしまう食材や材料を生かして、地域の“もったいない”をなくしていく取り組みです。たとえば、「YUZU SOUR」は、人口減少や高齢化などで収穫できない果実を狙う獣害対策として、早摘みした青ゆずを使ったサワーエール。クラフトビールをとおして、持続可能な地域づくりもめざしています。
同じく車内提供の律之助物語 麦処やLIGHT LINE SESSION IPA
こうした活動を続けるうちに、栃木県内のクラフトビールをブランド化したいという思いが強くなってきました。そう、宇都宮=餃子の街と同じように、ビール麦生産量日本一の栃木=クラフトビールと思ってもらえるようになれたら、うれしいですね!
道の駅うつのみや ろまんちっく村
TEL
0286-665-8800
営業時間
9:00~18:00(施設により異なるため、公式サイトで要確認)
定休日
第2火曜(1月は点検休園日あり)
所在地
栃木県宇都宮市新里町丙254
アクセス
東武宇都宮線東武宇都宮駅から路線バスで30分/東北自動車道宇都宮ICから車で5分
クラフトビールが飲める&買えるお店
【飲めるお店】

●麦の楽園(提供:樽生、ボトル)
ろまんちっく村ブルワリー併設のレストラン。

営業時間
11:00~15:30(LO15:00)、17:00~21:00(LO20:30)
URL
https://www.romanticmura.com/restaurant/

●宇都宮餃子 来らっせ(提供:ボトル)
宇都宮餃子の人気店の味が一堂にそろったお店。

●Want a Beer(提供:樽生)
6種類の樽生クラフトビールと自然派ワインが楽しめるイタリアンバル。

●BEER STAND Stoop(提供:樽生)
東京都大田区にあるビアバー。

【買えるお店】

●あおぞら館
道の駅うつのみや ろまんちっく村園内にある直売所。

営業時間
8:30~17:00(土・日曜、祝日は~18:00)
URL
https://www.romanticmura.com/shopping/

●トチギフト(オンラインショップ)
栃木県内の特産品などを販売。

●東武宇都宮百貨店
東武宇都宮駅前にあるデパート。

閉じる

クロスビアプロジェクトとは、SPACIA Xの1号車
「コックピットラウンジ」内カフェカウンターに設置された
4本のドラフトタワーを舞台に、
全国各地のブルワリーとコラボレーションしながら、
企画・共創していくプロジェクトです。
地域の水、地域の食材、地域の人の手によって
作られるクラフトビールとSPACIA Xが交わることにより、
これまでになかった出会いや発見、新しい価値を共創し、
新しい旅行やライフスタイルを提案してまいります。
SPACIA X1号車カフェのご利用方法については、事前にこちらをご覧ください。

全国各地のブルワリーから
プロジェクトの考え方に興味を
持っていただける方を探索。

オリジナルのクラフトビールや
こだわりのビールの取り入れなど、
コラボレーション内容を検討。

素晴らしい出会いに乾杯!
SPACIA Xを舞台にして
地域とともに新しい価値を共創します。

ゲストブルワリーインタビュー

SPACIA X とは

浅草~日光・鬼怒川方面をむすぶ新型特急。
特急スペーシアの伝統を受け継ぎつつ、
車両デザインからインテリア、座席まで多様にアップデート。
1号車コックピットラウンジにあるカフェGOEN CAFÉ SPACIA Xには
4本のドラフトタワーが設置され、本格的なクラフトビールが楽しめます。