メッセージ

東武鉄道をご利用いただくお客様への「安全・安心・快適な車両の提供」が当社の使命です。
 鉄道事業者は公共交通機関として多くのお客様に輸送の提供をしていることから、「安全・安心」を基本に「快適・正確な運行」を行うことが強く求められております。
 その中で東武鉄道は「安全は東武グループすべての事業の根幹である」との信念のもと、「鉄道輸送の安全」を最も重要な使命として「信頼される東武鉄道」を目指し、役員をはじめ従業員一人ひとりが安全性の向上に取組んでおります。
次に東武鉄道の概要ですが、関東地方(東京・埼玉・千葉・群馬・栃木)に463・3kmの営業キロを有しており、毎日240万人ものお客様にご利用いただいております。
 また、安全・快適な輸送を提供するために様々な設備投資等を行っております。
安全面につきましては、踏切の安全対策、立体交差化事業、駅の安全対策、車両の安全対策、防災対策等に積極的に取組んでおります。
 さらに、快適な輸送サービスを提供するため、新しい車両の導入、駅施設の改善等も従来より取組んでまいりました。
 こういった中、当社東武インターテック株式会社では、東武鉄道株式会社が保有する約2000両の車両のメンテナンスを委託されており、車両の徹底的な分解検査等により、お客様への「安全・安心・快適な車両」の提供に努め、鉄道輸送の安全の一翼を担ってまいりました。
 今後も車両保守のプロフェッショナル集団として、社員一人ひとりの柔軟な発想と行動力により品質ならびに技術力の向上に努め、全社員一丸となってお客様に、より一層の安全・安心と快適性をお届けできるよう取組んでまいります。

会社概要

社名 東武インターテック株式会社
設立 2003年2月20日
所在地 〒349-1111 埼玉県久喜市北広島1323-3
資本金 25,000,000円
事業内容 鉄道車両の検査・保守・整備・修理およびこれに附帯する管理に関する事業
鉄道車両および関連設備の技術開発・企画・設計に関する事業
上記に附帯または関連する事業
従業員数 218名(2016年7月1日現在)
役員構成
取締役社長
大勝 規好
取 締 役
永島 清次
取 締 役
佐藤 貴彦
監 査 役
高野 寿久
株主 東武鉄道株式会社(100%保有)
会社設立の趣旨 東武グループ企業として、東武鉄道株式会社の鉄道車両保守業務を担うとともに、
鉄道 車両技術の向上と保守の効率化を推進し、安全かつ快適な車両を提供するために、
2003年2月20日設立。

人と環境にやさしい企業を目指して

鉄道は自動車・飛行機など他の交通機関と比較して、エネルギー効率がよく環境にやさしい交通機関です。例えば、一人のお客様が鉄道を利用して1km移動するときの二酸化炭素の排出量は、飛行機の1/5、自家用自動車の1/7です。
東武鉄道グループではさらに地球環境とお客様にやさしい企業集団を目指して、環境活動を推進しています。

●60000系車両

新型車両50000系 新型車両60000系

2013年6月からアーバンパークラインで営業運転を開始した60000系は、50000系を基本とした「人と環境にやさしい車両」をコンセプトに、新たなVVVFインバーター制御装置やLED照明を採用し設計された最新鋭の車両です。アルミ合金の車体軽量化による消費電力は、8000系に比べ約40%も削減しています。モーターも密閉構造で騒音を低減させた、環境負荷のとても少ない車両になりました。

●環境にやさしい車両工場

排水リサイクル棟 排水リサイクル棟

リサイクルした水で洗浄する車両 リサイクルした水で
洗浄する車両

東武インターテック(株)南栗橋工場では、東武鉄道(株)と協力して、環境負荷の低減に対する自主的な取り組みを認証する国際規格「ISO14001」を取得いたしました。このように、環境に対する高い意識のもと、私たち東武鉄道グループは日々の業務に励んでいます。
また、南栗橋工場には、日本の鉄道業界では初めての排水リサイクル設備を導入しています。この装置は、車両洗浄などで使われた排水のほかに雨水をも取り込み、再利用できるようにリサイクル処理をしています。現在、工場内ではこの循環水を活用することで、水道水の使用を抑えた、環境にやさしい工場になっています。

環境への取り組みについて

●地球にやさしい事業所「南栗橋工場でISO14001の認証取得」

東武インターテック(株)では、2004年4月1日から稼働を開始した南栗橋工場において、鉄道車両の全般、重要部検査の一般保守業務などを全面的に受託しております。
東武鉄道(株)とともに、この南栗橋工場において、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の取得認証を目指し活動を続け、審査受審の結果、2005年9月16日付で認証を取得し、同年10月17日に審査機関より登録証明書が授与されています。
ISOの認証取得により、地球環境に対する配慮をさらに確実にするとともに、環境活動の推進、マネジメントシステムの継続的改善、地域の皆様とのコミュニケーションなどを大切にし、地球にやさしい事業所の維持推進に努めております。

●ISO14001認証の概要について

1登録組織名 東武インターテック株式会社
東武鉄道株式会社 南栗橋車両管区南栗橋工場
2所在地 埼玉県久喜市北広島1323番地3
3認証規格 ISO14001(2004)
4認証範囲 鉄道車両の全般検査、重要部検査、臨時検査および改良工事
5審査機関 LRQAジャパン (ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド)
6特記事項 東武グループでは初めてのISO14001認証取得となっています。

(参考)ISO14001とは

ISOはスイスに本拠地を置く組織の名称であり、国際規格の制定の業務を行っていることから、ISOといえば国際規格として広く知られています。「ISO14001」は、環境についてのマネジメントシステム(仕事の仕組み、進め方)の規格であり、環境方針のもと、P(計画)・D(実施)・C(点検)・A(見直し)のサイクルを回すことにより継続的改善を目指すという方法を基本としています。マネジメントシステムを確実にするため、18項目の要求事項が定められており、これを満たしているかどうかを第三者機関が審査し、適合していれば認証を与えるという仕組みになっています。ただし、有効期間は3年で、認証の維持には更新審査を受ける必要があります。

東武の車両を支えるメンテナンス基地

●南栗橋工場

南栗橋工場

南栗橋工場

南栗橋工場は、可能な限りのオートメーション化、システム化された設備を導入した最新鋭のメンテナンス工場です。
省力化と作業量の平準化を実現するとともに、騒音・振動・排水にも配慮した環境対応型の車両工場です。

●川越工場

川越工場 新型車両50000系

東上線川越市駅にある川越工場では、東上線車両の重要部検査、全般検査を担当しています。

●東武鉄道(株)の検修部門

営業線車両の列車検査・月検査および修繕を行っており、伊勢崎線・日光線関係車両を南栗橋車両管区(南栗橋)および同区春日部支所(北春日部)、同区館林出張所・新栃木出張所、野田線車両を同区七光台支所(七光台)、東上線車両を森林公園検修区にて担当しております。

TOP