賃貸事業

 賃貸事業では、関東初の本格的な駅ビルとして昭和6年に誕生した浅草駅ビルをはじめ、百貨店やスーパーマーケット、直営ショッピングセンター等の大型商業施設や駅ナカ店舗、オフィスビル、マンション、さらには、スポーツクラブ、スーパー銭湯等のレジャー施設、物流倉庫等、多様な用途の建物を建設、運営しています。
 近年では、市場の環境変化、テナントニーズの変化に対応するため、稼働率の低下した既存物件の価値を向上させるための施策を積極的に行い、賃貸収入の確保に努めています。
 引き続き、新規物件を計画的に開発するとともに既存物件の有効活用を進め、恒常的な収益を確保していくと同時に、賃貸事業を通じてお客さまの利便性を高め安心・安全で付加価値の高いサービスを提供することにより、暮らしやすい街づくりを実現していきます。

ビル・店舗賃貸事業

主要賃貸物件

物件名 延床面積
(㎡)
主な用途 所在地
宇都宮東武ビル 54,736 百貨店 栃木県宇都宮市
西新井西口マンション 21,128 賃貸マンション 東京都足立区
加須駅ビル 13,844 ストア 埼玉県加須市
東武横浜第三ビル 10,651 店舗、事務所 神奈川県横浜市
柏駅ビル 47,619 百貨店 千葉県柏市
東武アネックス 9,193 店舗、事務所 東京都豊島区
レクイエム聖殿 3,443 セレモニーホール 埼玉県南埼玉郡宮代町
湯屋処まつばら 1,776 スーパー銭湯 埼玉県草加市
竹ノ塚東口駅前ビル 4,039 アミューズメント施設 東京都足立区
北越谷東口ビル 4,853 フィットネスクラブ店舗 埼玉県越谷市
鎌ケ谷高架下南店舗 1,959 ストア、物販、飲食、サービス 千葉県鎌ケ谷市
新越谷高架下北ビル 6,201 フィットネスクラブ店舗事務所 埼玉県越谷市
厚木配送センターB棟 3,623 倉庫・事務所 神奈川県厚木市
東武豊洲ビルB棟 5,078 電気通信機器施設 東京都江東区
東京曳舟病院 9,683 病院 東京都墨田区

東京曳舟病院

東武豊洲ビルB棟

ページ上部へ

駅ビル事業

 賃貸事業の中でも駅ビジネスでは、圧倒的な集客力を持つ「駅」を最大の経営資源と位置付け、これまでの移動手段としての側面を保ちつつ、日常的な生活サービスの提供場所として、駅および駅周辺の立地を有効活用し、収益の拡大を図るとともに、沿線価値を向上させ、魅力ある空間づくりを目指しています。主として、当社直営のショッピングセンターを運営する駅ビル事業、駅舎内を中心とした駅ナカ店舗事業、駅構内のさまざまなスペースを活用して商品を販売する構内営業事業等に分類されます。
 駅ビル事業では、当社直営の地域密着型ショッピングセンターとして、沿線の主要駅において「エキミセ」、「ヴァリエ」などの名称で展開しており、地域の情報発信基地としてお客さまに親しまれています。ファッション・日用雑貨から菓子・惣菜・生鮮食品にいたるまで、バラエティに富んだショップを展開、さらに沿線初出店や新業態のショップを誘致し、トレンドやお客さまのニーズに応えています。

主要直営ショッピングセンター

草加ヴァリエ

浅草エキミセ

駅ビル名 店舗数 オープン
新越谷ヴァリエ 134店(ATM含む)
〔物販62店/飲食11店/食料品48店/サービス13店〕
平成10年3月26日
(1階食品フロア:
 平成26年12月11日リニューアル)
(4、5階レストランフロア:
 平成29年冬リニューアル予定)
草加ヴァリエ 76店
〔物販27店/飲食6店/食料品41店/サービス2店〕
平成7年10月26日
(ファッションストリート:
 平成29年8月よりリニューアル着手)
浅草エキミセ 49店
〔物販37店/飲食8店/サービス4店〕
リニューアル:平成24年11月21日
西新井トスカ 55店
〔物販30店/飲食13店/食料品2店/サービス10店〕
西館=昭和48年11月23日
東館=昭和56年4月21日
(リニューアル:平成9年3月26日)
ペアロード=昭和63年12月9日
(リニューアル:平成26年2月28日)

ページ上部へ

駅ナカ店舗事業

 たくさんの人が行き交う「駅」を魅力的な場所にするため、主に店舗の新設および既存店舗を活用したショップの入れ替えを行っています。
 特に新設店舗については、単に駅の遊休スペースに建設するのではなく、駅設備や店舗の配置換えおよび駅の構造見直しを図ることにより、効率的に駅空間を活用できるよう計画しています。
 また、ショップの選定にあたっては、駅それぞれのエリア特性、ニーズおよび流行に合った店舗の導入を基本とし、沿線初出店となるショップを積極的に誘致するなど、賑わいと目新しさのある駅空間の創出に努めています。
 現在、「EQUiA(エキア)」ブランドで、駅ナカ施設の展開を図っています。平成29年4月には、東武スカイツリーライン・亀戸線の曳舟駅直結ビルに「東京曳舟病院」が開院、これに合わせ、全5店舗からなる「EQUiA曳舟」がオープン、東上線志木駅では駅ビルの「志木st.トスカ」を「EQUiA志木」に名称を改め、バラエティに富んだ店舗構成に一新、平成29年3月(一部6月)にリニューアルオープンしました。今後の計画では、池袋、北千住でも「EQUiA」へのリニューアルを予定しており、積極的にブランド化を推進していきます。

EQUiA 志木

EQUiA 曳舟

ページ上部へ

構内営業事業

 クイック性の高い売店、自動販売機、銀行ATM、証明写真機、催事営業など、駅構内のスペースを効率的に活用し、賑わいを演出するのが構内営業事業です。特に催事営業は、専用のブースや什器を使用し、出店の要件を簡素化させ、1週間から2週間といった短期間で営業を行う事業で、クリスマスやバレンタインデーなど時節に合わせたショップを誘致することができるため、ご利用のお客さまからも好評をいただいており、かつ収益性の高い事業となっています。

ページ上部へ

電子マネー事業

 平成19年3月18日より、沿線各駅の店舗・自動販売機・コインロッカーにおいて「PASMO電子マネー決済サービス」を開始し、お客さまへのサービスと利便性の向上を図っています。利用可能店舗・自動販売機等も増加しており、今後もサービス対象箇所の拡大を進めてまいります。
 なお、平成25年3月18日より、PASMO他交通系ICカードの全国相互利用サービスが開始となり、これにより全国の各交通系ICカード加盟店で、電子マネーによるショッピングが可能となりました。
 また、平成25年11月1日より、特急「スペーシア」、また平成29年8月10日から運行開始するSL「大樹」の車内販売においてもご利用いただけます。

ページ上部へ