会社の沿革

明治30年11月1日 企業創立から、大正、昭和、平成、そして現在に至るまで発展を遂げてきた東武鉄道の歩みを、年代ごとにご紹介いたします。

明治28年~45年

明治

28年04月06日
東武鉄道創立願提出
東京市本所区から栃木県足利町まで83.7kmの鉄道敷設を申請、発起人、川崎八右衛門ほか11人
29年10月16日
創業総会を開催
30年09月03日
設立本免許状が下付される
30年11月01日
設立登記(後日この日を東武鉄道の創立記念日とした)
31年09月09日
英国ベイヤーピーコック社製機関車12両注文の内、最初の2両(C型タンク機関車)が到着
1号と2号機関車は華やかなテンダー機関車活躍の影にかくれて地味な存在であったが、昭和14年まで活躍した。
32年08月27日
北千住~久喜間営業開始
営業開始当時は、2時間間隔で1日7往復の混合列車を運転した。
33年03月21日
上野駅ほか2駅との連帯乗車券(現在の連絡乗車券)の発売を開始
34年09月22日
北千住駅取付高架線工事(常磐線横断)竣工使用開始
34年10月01日
北千住から亀戸を経て越中島へ至る12.9kmの路線延長計画のうち、北千住~堀切間の工事に着工(堀切~吾妻橋間は12月着工)
35年04月01日
北千住~吾妻橋(現業平橋)間6.3km開通
35年09月06日
久喜~加須間10.7km開通
36年04月23日
加須~川俣(利根川南岸)間9.8km開通
37年04月05日
曳舟~亀戸間3.4km開通 総武鉄道の両国橋(現両国)まで直通運転開始
曳舟~吾妻橋(現業平橋)間1.1km廃止
当時の経営陣と関係の深かった総武鉄道の両国橋(現両国)から発着することになり明治41年まで乗り入れ運転が行われた。
38年10月08日
本社を東京市麹町区八重洲1-1から本所区横網町1-20に移す
39年02月27日
川俣(利根川南岸)~足利町(現足利市)間18.6km延長工事着手届出
40年08月27日
川俣(利根川南岸)~足利町(現足利市)間18.6kmが開通
これに伴い両国橋(現両国)・足利町(現足利市)間に旅客列車9回、混合列車6回、北千住・足利町(現足利市)間に旅客列車1回、ほかに久喜・足利町(現足利市)間に不定期混合列車2回を運転した。
41年03月01日
曳舟~吾妻橋(現業平橋)間1.1km開通(再開、貨物のみ)
42年02月17日
足利町(現足利市)~太田間7.9km開通
43年03月27日
太田~新伊勢崎間18.6km開通
43年07月13日
新伊勢崎~伊勢崎間1.1km開通(伊勢崎線全通)
44年03月12日
本社を本所区小梅瓦町49番地(現所在地:墨田区押上1-1-2)に移す
44年05月09日
千葉県営軽便鉄道野田線柏~野田町(現野田市)間14.3km開通
44年11月14日
東上鉄道(株)創立総会を開催
東上鉄道(株)は創立当初から、当社の初代社長根津嘉一郎が社長として経営にあたっており、東上鉄道の本社も当社の本社内に置くというきわめて密接な関係にあった。
Loading
  • と~ぶキッズサイト
  • お問い合わせ・ご意見・ご要望は 東武鉄道お客さまセンター
  • TOBU AD MENU
  • PASMO 電子マネー加盟店募集
  • マンスリーとーぶ
  • 教えて!カワイイキャンペーン