会社の沿革

明治30年11月1日 企業創立から、大正、昭和、平成、そして現在に至るまで発展を遂げてきた東武鉄道の歩みを、年代ごとにご紹介いたします。

1941年~1960年

1941年06月01日
東小泉~太田間6.4㎞開通(小泉線全通)
1943年05月01日
下野電気鉄道(株)を買収(現鬼怒川線)
1943年07月01日
越生鉄道(株)を買収(現越生線)
1944年03月01日
総武鉄道(株)と合併(現野田線 1944.3.31登記)
1947年06月01日
東武鉄道(株)が東武自動車(株)を合併(1947.5.31登記)
1947年9月
キャサリン台風により414.9㎞が不通(全線仮復旧は1947.10.27)
1948年08月06日
急行料金を設定
1949年02月01日
「華厳号」・「鬼怒号」特急電車を運転開始、毎日1往復、土・日曜日2往復
1949年05月
東京証券取引所に上場
1951年09月22日
5700系ロマンスカー就役
1952年04月
特急列車を自由定員制から座席指定制に変更
1953年10月26日
伊勢崎線急行料金を制定
1953年11月01日
浅草~新桐生間に急行運転開始、毎日1往復
1954年07月19日
浅草駅に初の自動券売機を設置(機械式)
1955年01月04日
第1次5か年計画の構想を発表
1956年04月01日
急行料金を特急料金と改称
1700系ロマンスカー(白帯)就役
1956年05月25日
自動踏切遮断機を亀戸線で初使用
1956年08月01日
ラッシュ時に東上線で婦人専用電車の運転を開始
1956年10月06日
初の記念乗車券を東上線で発売(川越大師喜多院落慶記念)
1956年10月
電気式自動券売機を設置(浅草駅)
1958年04月20日
マイクロ無線装置使用開始(本社~杉戸・新栃木間)
1959年04月01日
東上線で蒸気機関車の運転を廃止
1959年10月01日
越生線にCTC装置を設置
1959年11月10日
宇都宮駅ビルが完成(1959.11.28 東武宇都宮百貨店オープン)
1959年12月
1700系ロマンスカーに冷房装置を搭載(当社初の冷房車登場)
1960年10月09日
1720系デラックスロマンスカー就役