会社の沿革

明治30年11月1日 企業創立から、大正、昭和、平成、そして現在に至るまで発展を遂げてきた東武鉄道の歩みを、年代ごとにご紹介いたします。

1981年~1990年

1981年03月16日
杉戸駅を東武動物公園駅に改称、営団(現東京メトロ)日比谷線直通区間を同駅まで延長
1981年03月28日
東武動物公園がオープン(当社創立80周年事業)
1981年04月29日
乗合バスワンマン化、実施率100%に
1981年07月01日
東上線踏切集中監視業務を志木から池袋へ移行
1981年09月22日
東上線全変電所を集中遠隔制御化
1981年12月28日
有楽町線直通用9000型通勤車就役
1983年04月01日
適格退職年金制度を実施
1983年12月22日
10000型通勤車就役
1984年02月21日
手小荷物取扱業務を全廃
1984年05月10日
民鉄初のワラント債1億スイスフランを発行
1984年09月03日
「東武スイミングスクールかねがふち」オープン(スポーツ事業に本格参入)
1984年11月12日
1株あたり0.05株を無償増資
1985年06月03日
乗合バスのボディーカラーを変更開始
1985年10月01日
スイスフラン立て転換社債5000万スイスフランを発行
1985年11月15日
6000系が車体を一新し、6050型として登場
1986年04月28日
国内分離型ワラント債100億円(民鉄初)と1億スイスフランを発行
1986年05月12日
1株あたり0.05株を無償増資
1986年07月01日
東武動物公園内に東武乗馬クラブ&クレインがオープン
1986年10月09日
野岩鉄道会津鬼怒川線開業に伴い、浅草〜会津高原(現会津高原尾瀬口)間の相互直通運転開始
1986年10月21日
東上線の貨物営業を全廃
1986年12月27日
スキー専用夜行スノーパル23:50(現23:55)の運転を開始
1987年08月25日
和光市〜志木間複々線化使用開始。
東上線と営団(現東京メトロ)有楽町線との相互直通運転開始(川越市〜新富町間、1988.6.8新木場まで延長)
1987年10月02日
銀座東武ホテルがオープン(当社創立90周年事業、2007.4.1「コートヤード・マリオット銀座 東武ホテル」に名称変更)
1988年03月01日
座席予約オンラインシステムを東武トラベル、JTBのオンラインと直結
1988年03月25日
日比谷線直通用20000系通勤車が就役
1988年05月18日
特定都市鉄道整備積立金制度を導入した運賃改定を実施
1988年06月01日
とーぶカード(プリペイドカード)を発行
1988年08月09日
竹ノ塚〜草加間4.1㎞の高架複々線が完成
浅草〜東武宇都宮間に快速急行「しもつけ」を新設
1988年11月11日
1株あたり0.1株を無償増資
東京~いわき間に高速バス運行開始(JRバス関東・常磐交通と共同運行)
1989年04月01日
消費税導入に伴う運賃改定を実施
1989年04月28日
大宮~成田空港間の高速直通バス「ONライナー」を6社共同で運行開始
1989年05月20日
創立90周年事業として東向島駅構内に「交通と文化の東武博物館」をオープン
1990年09月25日
業平橋駅を改良し都営・京成線の押上駅と連絡(2003.3.18まで)
押上う回乗車制度を導入(1997.3.31まで)
1990年06月01日
100系「スペーシア」が就役(1991.9.1全特急列車を100系「スペーシア」化)
1990年10月12日
会津鉄道会津線の一部電化完成で浅草~会津田島間の直通運転を開始