東武グループ長期経営構想

経営計画の体系

経営計画の体系

ページ上部へ

長期経営ビジョン

「つなぐ」を「惹きつける力」と「稼ぐ力」へ進化させ、さらなる高みへ

 東武グループでは、北千住と久喜を鉄道でつないで以来、街と街、人と街、鉄道ネットワークを活かした相互直通運転など、たくさんの「つなぐ」を実施しながら、沿線の発展に努めてきました。次の100 年に向けても、「つなぐ」を大切にし、地域とともにさらなる発展を目指していきます。

多世代をつなぐ ~3世代ファミリーがつながり日本一幸せな暮らしを実感できる沿線を目指す

 住み替え支援や地域コミュニティー支援等の生活支援の充実により、多世代が生きがいとゆとりを実感でき、人々が惹きつけられ活気あふれる沿線の実現を図ります。

つなぐ鉄道ネットワーク ~私鉄NO.1の通勤環境、観光輸送を目指す

 利便性や快適性、速達性の向上に応える輸送改善を図るとともに、機能集積が進む拠点エリアにつながる鉄道ネットワークの優位性をさらに強化・活用し、沿線の価値向上と定住人口流入を図ります。

世界とつなぐ ~沿線観光地へのインバウンド増加率NO.1 を目指す

 沿線の観光資源が持つ、独自の歴史・伝統・文化と自然を尊重しつつ、地域とつながり、お客様を惹きつける様々な取り組みを通じ、世界と沿線をつなぎ、観光交流人口の拡大と地域の活性化を図ります。

ページ上部へ

長期経営構想と中期経営計画の位置付け

長期経営構想と中期経営計画の位置付け

ページ上部へ