基本方針

東武グループコンプライアンス基本方針

私たちは、一人ひとりが信頼される東武グループの推進者として誠実かつ適切な行動を心がけます。

【お客様に対して】

私たちは、安全・安心を第一に考え、お客様のニーズに合わせた高品質なサービス・商品を提供しつづけることによって、お客様からの期待にこたえます。

【投資家に対して】

私たちは、適時・適切な情報開示による投資家の皆様からの信頼をベースに、経営環境の変化に対応した事業展開によって企業価値増大を目指し、誠実な企業行動を推進します。

【お取引先に対して】

私たちは、お取引先と相互に信頼を築くために、法令に基づき、公平・公正かつ透明な取引を行います。

【社会に対して】

私たちは、事業を通じて地域社会の魅力創造に努め、社会とのコミュニケーションや地球環境に配慮したよき企業市民として活動します。

【東武グループの一員として】

私たちは、法令と規律を守り、礼節を重んじ、誇りと責任をもって自らの役割を果たすことにより、健全な職場を創出・維持します。

平成18年10月1日制定

ページ上部へ

安全方針および安全行動規範

東武鉄道では、「輸送の安全」に関する基本的な考え方を、「安全管理規程」(平成18年10月1日制定)で「安全方針」「安全行動規範」として、以下のように定めています。

  1. 安全方針
    当社は、「社是・信条」を基に、次に掲げる方針に従い、お客様への「安全・安心」を確実なものとする。
    1. (1)「安全は東武グループすべての事業の根幹である」との信念のもと「安全を最優先」し、「信頼される東武鉄道」を目指す。
    2. (2)「東武グループコンプライアンス基本方針」の精神に基づき、関係法令および規程等を遵守する。
    3. (3)「安全対策に終わりはない」ことを常に念頭に置き、安全推進体制の継続的な見直しを進める。
    4. (4)役職員一人ひとりが気付きの感度を高め、自ら考え、自ら行動することにより安全文化を創造していく。
  2. 安全行動規範
    1. (1) 役職員全員は、一致協力して輸送の安全の確保に努めます。
    2. (2) 輸送の安全に関する法令および関連する規程等をよく理解するとともにこれを遵守し、忠実かつ正確に職務を遂行します。
    3. (3) 常に輸送の安全に関する状況について、把握するよう努めます。
    4. (4) 憶測に頼らず必要な確認の実行に努め、判断に迷った時は、最も安全と思われる取扱いをします。
    5. (5) 事故・災害等が発生した場合、組織や職責に拘ることなく、その状況を冷静に判断し、人命救助を優先に行動し、すみやかに安全適切な処置をとります。
    6. (6) 輸送の安全に関する情報は漏れなく迅速、正確に伝え、情報の共有化に努めます。
    7. (7) 常に輸送の安全に関し、問題意識を持ち、必要な対策を実施するよう努めます。
    8. (8) 輸送の安全に関する知識・技能の習得・習熟に努めます。

平成24年10月1日改正

ページ上部へ

東武鉄道情報セキュリティ基本方針

私たちは、信頼こそが企業の重要な使命であると認識し、より確実な企業経営を推進するにあたり、事業を通して収集した全ての電子情報資産を経営に欠かせない重要な資産と位置づけ、厳格な管理と運用に努めることにより、社会の信頼に応えるよう行動します。

  1. (基本主旨)
    全ての事業活動に関わる電子情報資産に対し、適切な管理対策を講じ、不正な侵入、漏洩、改ざん、破壊、不正な使用、利用妨害から確実に保護するように努めます。また、是正に対しては速やかに適切な処置を講じます。
  2. (運営体制)
    この方針を適正かつ円滑に推進するために、組織と責任の範囲を明確化した運営体制を確立させ、組織としての情報セキュリティ保護対策に努めます。
  3. (教育)
    電子情報資産に接する全ての者に対し、この方針を教育し、情報セキュリティの重要性を認識させ、電子情報資産の適正な利用を行うよう周知徹底を図ります。
  4. (法令遵守)
    この方針を理解認識し、電子情報資産に関する法令およびその他規範の内容を遵守し、情報セキュリティ対策を有効運営させ、社会に対しての責務を果たします。
  5. (維持改善)
    この方針を達成するために、「東武鉄道情報セキュリティ対策基準規程」および「情報セキュリティ実施手順」を理解・認識し、情報セキュリティの確保に努めるとともに、遵守状況を定期的に監査し、必要に応じた改善を行います。

平成16年4月1日制定

主な取り組み内容

情報セキュリティポリシー(「東武鉄道情報セキュリティ基本方針」(上記参照)および「東武鉄道情報セキュリティ対策基準規程」)に基づき、年度ごとに情報セキュリティ委員会による監査を実施するとともに、eラーニング等による情報セキュリティ教育を実施しています。また、情報セキュリティポリシーについても、内部統制対応や監査結果等を踏まえ、「東武鉄道情報セキュリティ対策基準規程」の一部改正等、必要に応じた改善を行っています。

ページ上部へ

東武鉄道ソーシャルメディアポリシー

東武鉄道では、ソーシャルメディア公式アカウントの運用ならびにソーシャルメディアの利用に関して以下のようにポリシーを定め、遵守します。

  1. ソーシャルメディアの定義
    ソーシャルメディアとは、ソーシャルネットワーキングサービス・ブログ・電子掲示板・動画投稿サイト・個人のホームページ・口コミサイトなど、インターネット上で行う情報発信共有手段の全般を指します。
  2. 東武鉄道は、以下に基づき、節度と倫理意識をもってソーシャルメディアを利用します。
    1. (1) ソーシャルメディアの特性の理解
      不特定多数の利用者がアクセス可能であること、発信した情報は完全に削除することができないこと、個人が容易に特定される場合があることを十分認識します。
    2. (2) 法令・社内規則の遵守
      法令・就業規則等の社内規則を遵守します。著作権やプライバシー権など、第三者の権利を侵害しません。
    3. (3) 責任と良識ある情報発信
      情報発信を行う際は、責任と良識をもち、誠実かつ慎重に行動します。また、一人ひとりの情報発信が少なからず影響をもつことを十分に認識します。
    4. (4) 情報漏えいの禁止
      自己の所管であるか否かを問わず、業務上知り得た公式未発表情報を公開しません。 お客様や従業員等の個人情報は、法令および社内規則に基づき慎重に取り扱います。
    5. (5) 誹謗中傷の禁止
      誹謗中傷や誤解、不快感を与える行為はしません。

※お客様へのご案内とお願い

ソーシャルメディアにおける東武鉄道からの情報発信のすべてが、必ずしも当社の公式発表・見解を表すものではありません。当社における公式発表・見解等の発信は、東武鉄道公式WEBサイト、ニュースリリース、IR資料等で行っております。

なお、当社のソーシャルメディア公式アカウントは以下のとおりです。
・Facebook:東武鉄道公式アカウント「旅東武」
Facebook:東武鉄道公式アカウント「旅東武」
https://www.facebook.com/nikkotabitobu

・Facebook:みんなでつながる@ソライエ清水公園STORY
Facebook:みんなでつながる@ソライエ清水公園STORY
https://www.facebook.com/SolaieShimizu

・Facebook:姫宮なな@東武鉄道お客さまセンター
Facebook:姫宮なな@東武鉄道お客さまセンター
http://www.facebook.com/nana.tobu

・Facebook:SL復活運転プロジェクト
Facebook:SL復活運転プロジェクト
https://www.facebook.com/tobusl/

平成26年10月1日制定

ページ上部へ

東武鉄道環境理念・環境方針

地球環境保全を企業の使命と自覚し、「環境保全」と「企業の成長」の両立を図り、組織的、継続的に環境問題に取り組むとの決意のもと、環境保全活動を推進しています。

【環境理念】

私たちは、地球環境保全を企業の使命の一つと自覚し、地域社会の皆様と共に健やかに暮らしつづけられるよう、事業活動を通じて創造と開発につとめ、地球にやさしい社会づくりに向けて、行動します。

【環境方針】

  1. 鉄道事業がエネルギー効率の高い交通機関として、安全で快適な輸送を常に提供するとともに、すべての事業分野において環境活動を推進しながら、持続可能な社会の構築に貢献するよう努めます。
  2. 法規制等を遵守し、環境負荷の低減と汚染の予防に努めます。
  3. この方針の達成のため、環境目的および環境目標を設定し、環境マネジメントシステムを運用することで、継続的に改善・見直しを図りながら行動します。
  4. 全社員一人ひとりにこの方針を伝達して環境意識向上を図ります。また、お客様とのコミュニケーションを大切にし、地域社会への貢献に努めます。

平成15年1月1日制定
平成26年11月20日方針改定

ページ上部へ

page top