東京スカイツリータウン®事業

東京スカイツリータウン®事業概要

 平成18年3月、墨田・台東エリア(業平橋・押上地区)の当社用地が新タワーの建設地として正式に決定して以降、当社では、同地区(約3.69ha)において、東武沿線の価値向上や東・東京エリアの活性化に大きく寄与する東京スカイツリー®を中心とした大規模複合開発プロジェクト(Rising East Project)を推進し、平成24年5月22日、東京スカイツリータウンをグランドオープンしました。当地区は、国内外からの観光客を集める浅草を始め、上野、両国などの広域集客拠点に隣接し、鉄道4線が結節する交通利便性に恵まれた地域であり、平成24年3月には、地区内の道路・駅前広場や公園等のインフラ施設整備を図る押上・業平橋駅周辺土地区画整理事業も竣工しました。

ページ上部へ

東京スカイツリータウンの構成

 とうきょうスカイツリー駅(旧・業平橋駅)と押上〈スカイツリー前〉駅をつなぐ東西長さ約400m、広さ約3.69ha の「東京スカイツリータウン」は、東京スカイツリーを中心にエンターテイメントや文化機能を持つ商業施設「東京ソラマチ®」とオフィス施設である「東京スカイツリーイーストタワー®」などにより構成され、さらにこれらの施設には防災機能などを備えることで、周辺エリアと連携した賑わいのある街づくりや、地域の活性化を目指しています。また、環境経営への取り組みとして緑化や雨水利用、地域冷暖房を導入しており、国土交通省の省CO2 モデル事業にも採択されています。

ページ上部へ

東京スカイツリー

 東京スカイツリーは電波塔として、人々の生活を支える社会インフラ機能を果たし続けるとともに、観光面では国内外からのご期待にしっかりお応えできるよう「安全・安心」を第一に考えた盤石な運営体制でお客さまをお迎えし、「世界一愛されるタワー」を目指しています。

ページ上部へ

東京スカイツリーライティング

 江戸で育まれてきた心意気の「粋(いき)」と美意識の「雅(みやび)」という2つの光が1日毎に現れるライティングで、それぞれ「潔さ」「優雅さ」を表現しました。また、随所に江戸の原風景を継承するデザインを取り入れ、下町の歴史文化を表しています。また「雅」は、平成27年5月より多彩な動きのある光の演出を用いた新たなライティングに生まれ変わりました。「粋」「雅」の他にも、イベントや記念日、クリスマス等に特別ライティングを実施しています。

ページ上部へ

最高高さ634m

 東京スカイツリーの高さは、プロジェクト当初は「約610m」としていましたが、世界各地で高層建造物が計画、建設されている中で、自立式電波塔として高さ世界一を目指し検討を重ね、634mに最終決定しました。
 634mという高さの数字を決定するにあたり、世界一のタワー、地域のシンボルであるタワーとして覚えやすく、ふさわしいものが良いと考え、東京スカイツリーの立つ地域が旧国名で武蔵国(東京・埼玉・神奈川の一部を含む広大な地域を指す)と呼ばれていたことから、634(ムサシ)mとなりました。
 高さ634mの東京スカイツリーは平成23年11月17日にはギネスワールドレコーズ社より世界一高いタワーとして認定されました。

ページ上部へ

東京ソラマチ®

 「東京ソラマチ」は、「人と人とのつながり」を大切にしながら、ものづくりの伝統、優しさ、賑わいなど「下町の魅力」がちりばめられた商業施設です。ファッション、スイーツ、レストランなどバラエティ豊かな300以上の店舗で構成されており、沿線や地域のお客さまはもとより都内近郊にお住まいの方から日本全国、海外からお越しの観光の方まで、幅広い方々に楽しんでいただける施設となっています。今後も新しいライフスタイルや下町ならではの魅力を発信し続けます。

ページ上部へ

東京スカイツリーイーストタワー® [オフィス施設]

 東京スカイツリーイーストタワーには、総貸室面積約7,700坪のオフィス空間を用意いたしました。基準階フロアは約450坪を確保した無柱空間が広がります。貸室は約17mから約12mの奥行を持ち、柔軟なオフィスレイアウトを可能としました。
 押上駅コンコースに直結するエレベーターホールには、地上12階のスカイロビーへ向かうシャトルエレベーターを4基設置し、雨の日も濡れることなく、通勤や訪問時などの快適な動線を確保したオフィス施設となっています。

東京スカイツリーイーストタワー概要
(イーストヤード)12階~ 29階
施設規模 約25,500㎡(約7,700 坪)
主要用途 オフィス

東京スカイツリーイーストタワー

ページ上部へ

東京スカイツリータウン®のエコの取り組み

1.地域冷暖房システム

 東京スカイツリータウンでは、タウン全体の冷暖房を集中して行う最新の地域冷暖房システムを導入しています。夜間に作った冷水・温水を昼間利用することにより、昼間のピーク時の電気使用を抑制します。さらに日本の地域冷暖房システムで初めて地中熱を利用しており、効率よく冷水・温水を製造しています。これらにより、国内最高レベルの省エネ・省CO2効果を発揮しています。

メインプラント

2.太陽光・雨水利用

 東京スカイツリータウンには合計222枚の太陽光パネルが設置されており、この太陽光パネルにより20kWの発電がされます。また貯まった雨水を植栽への散水に利用しています。

太陽光パネルへの雨水利用の様子

ページ上部へ

(平成28年10月1日現在)

page top