会社の沿革

明治30年11月1日 企業創立から、大正、昭和、平成、そして現在に至るまで発展を遂げてきた東武鉄道の歩みを、年代ごとにご紹介いたします。

1921年~1940年

1922年04月05日
北総鉄道(株)(現 野田線)創立総会を開催
1923年09月01日
関東大震災により被害を受ける
1924年10月01日
浅草(現とうきょうスカイツリー)~西新井間に電車運転開始
1925年07月10日
小川町~寄居間10.8km開通(東上線全通)
1927年10月01日
館林~伊勢崎間を電化、浅草~伊勢崎間の電化完了
1929年10月01日
杉戸(現東武動物公園)〜東武日光間94.5km全線開通
1930年10月29日
特別車座席使用料を制定(1929.12から浅草〜東武日光間に展望車を運転)
1931年05月25日
浅草雷門(現浅草)〜業平橋(現とうきょうスカイツリー)間1.1km開通。浅草駅を業平橋駅に改称
1931年08月11日
新栃木〜東武宇都宮間24.4㎞開通(宇都宮線全通)
1931年11月01日
浅草駅ビル(1931.5.24竣工)がオープン(同日、浅草松屋オープン)
1931年12月20日
西板線(現在の大師線)西新井〜大師前間1.1㎞開通
1932年03月18日
相老〜新大間々(現赤城)間3.4㎞開通(桐生線全通)
1933年10月27日
傍系会社として毛武自動車㈱(桐生〜足利、太田〜熊谷、太田〜桐生、境町〜深谷)を設立(登記)
1934年04月01日
東武鉄道(株)直営の乗合自動車営業を川越地区で開始
(自動車事業のはじまり)
1936年秋
武蔵常盤(現ときわ台)駅前宅地分譲開始
1936年09月08日
毛武自動車(株)の社名を東武自動車(株)と改称
1938年04月17日
旧本社ビルが完成
1939年06月01日
東武鉄道(株)経営の自動車事業(川越地区)を一括して東武自動車(株)へ譲渡