2020年07月09日 更新

ソーシャルディスタンスを保って、日光・鬼怒川旅行へ行こう!

旅プラン・ツアー
東武アーバンパークライン、ダイヤ改正の実施に合わせて「全線急行運転開始記念乗車券」を発売!ヘッドマークも掲出します!

都道府県をまたぐ移動や観光が緩和されてきた中、日光・鬼怒川エリア方面への旅を安心して楽しめる旅行商品が発売されます! 日光・鬼怒川エリアは日光の社寺などの世界遺産だけでなく、大自然も有名です!奥日光では一年を通して 雨が少なく、梅雨がないとも言われ、中禅寺湖畔や霧降高原などは、さわやかな空気に包まれています。

他にも、鬼怒川エリアの美しい渓谷や東武ワールドスクウェアなど、屋外で楽しめるスポットが多数! 宿泊プランに加えて、往復の特急と「日光金谷ホテル」での昼食、「西参道茶屋」での買い物券がセットになった日帰りプランも発売。
この機会に、都会の喧騒を忘れ、夏の日光・鬼怒川で癒しのひとときを過ごしてみませんか?

旅行商品について

混雑を避け、「ソーシャルディスタンス」を確保し、お客様に安心して旅行を楽しんで頂けるために、往復の東武特急はゆったりボックス席、お宿の夕食場所は個室をご用意しています!

宿泊プラン

出発日

2020年7月1日(水)~2020年9月30日(水)

往復の特急車内座席について

ゆったりボックス席を保証!4席のボックス席を1つの発売単位として販売します。
※2名様の場合 …ボックス席1組
3・4名様の場合 …ボックス席2組
5・6名様の場合  …ボックス席3組をご用意します。
ゆったりボックス席

宿泊する施設について

お宿の夕食場所は個室をご用意しています。消毒や従業員のマスク着用の徹底などはもちろんのこと、 夕食を客室や個室仕様の会食場にて提供できる施設を選定しています。 また、おしゃれな浴衣の貸出など、お宿によって様々なサービスが受けられます!
※個室とはお部屋食、個室食事処だけでなく、半個室(隣席との仕切りが一部開いているなど)や 個室風(仕切りがロールカーテンなど)の会食場を含みます。また朝食場所は個室とは限りません。

乗り降り自由区間

東武鉄道下今市~東武日光間と下今市~新藤原間の鉄道区間が乗り降り自由となっており、観光に便利!
※乗り降り自由区間内の特急列車のご利用は、別途特急券が必要です(例外あり)

パンフレットはこちら!(デジタルチラシ)
HPからのお申込みはこちら!(東武トップツアーズ公式サイト)

日帰りプラン

宿泊プラン同様に、日光金谷ホテルでの昼食と栃木県日光市の二社一寺の憩いの場として2020年3月に開業した西参道茶屋での買い物券などがセットになった日帰り「金谷ホテルランチプラン」を6月20日(木)から販売します。

金谷ホテル 西参道茶屋
日帰りプランパンフはこちら!(デジタルチラシ)
HPからのお申込みはこちら!(東武トップツアーズ公式サイト)

お問い合わせ先

東武トップツアーズの各支店・WEB販売センター、東武トップツアーズのホームページよりお申し込みください。
・TEL     03-5843-9600
・HPからのお申込み 東武トップツアーズ公式サイト
旅行企画・実施 東武トップツアーズ
企画協力 東武鉄道

このツアーで訪れたい観光スポット

日光 鬼怒川

乗り降り自由区間の東武鉄道下今市~東武日光間、下今市~新藤原間には、屋外自然の中で楽しめるスポットが多数あります。
日光エリアでは、中禅寺湖畔から望む男体山や日本三名瀑のひとつに数えられる華厳の滝などの雄大な風景は必見!また、戦場ヶ原や霧降高原などは、広い高原に季節の花や草木が生え、ハイキングコースも整備され初心者の方にも安心です。
鬼怒川エリアでは、鬼怒川に架かる吊り橋から眺める圧巻の渓谷美が印象的。その水面を行く鬼怒川ライン下りから見上げる渓谷も絶景です。
世界各地の有名建造物を1/25のスケールで再現した東武ワールドスクウェアも、屋外で楽しめるおすすめスポットです。

日光・鬼怒川エリアの観光情報については、下記の「このエリアのおでかけ情報を見る」をご覧ください。